本田金属技術株式会社 - しごと編 - 川越きらり企業NAVI(ナビ)
  
本田金属技術株式会社
本田金属技術外観

本田金属技術株式会社

製造業

主な事業内容:
・各種ピストンの鋳造、機械加工。
・エンジン及び足回り部品の鋳造、機械加工。
・各種アルミ部品の鋳造、機械加工。
・工作機械及び金型治具製作。
企業情報:詳細を見る
企業見学:実施している
インターンシップ: 実施していない

業務内容、魅力・特色・PR

弊社は、1963年にHondaの創業者 本田宗一郎氏の実弟 本田弁二郎の「技術を持って社会に貢献する」という熱い使命感から生まれ、エンジンの心臓部品であるピストンの製造からスタートしました。
現在では、世界4カ国7箇所の生産拠点、そして技術供与させていただいている数多くの協力企業様と、二輪車、四輪車、汎用機用の各種アルミ機能部品をグローバルで供給し、お客様の期待に応えています。

多様な働き方への取り組み

PRポイント ・育児休暇などは男性社員も適用可能であり、会社としても推奨中。
・子どもが小学校低学年になるまでは時短勤務も可能なため、15時に退社する社員も存在。
育児休暇・休業制度 あり
介護休暇・休業制度 あり
フレックスタイム制度 あり
正社員としての再雇用 なし
女性管理職の有無 なし

メッセージ

  • トップメッセージ
    高橋芳一 氏

    トップメッセージ(企業理念・ビジョン)

    社員一人1人が、創業時の精神を胸に高い目標を掲げ、夢と若さにあふれた挑戦を続けることで、全世界のお客様にとってなくてはならないパートナー企業となるべく、邁進してまいります。
  • 若手社員から
    渡邊恒行 氏

    若手社員からのメッセージ

    ホンダのエンジン部品に関わる仕事ができます。若くても自分の力を発揮できる職場環境であり、やりがいが強く感じられる会社です。日々進化する自動車部品に探究心と情熱を持つ未来の仲間をお待ちしております。
  • 人事から

    人事担当者からのメッセージ

    ・何事にもチャレンジする精神を持っている人。
    ・失敗を恐れずやる気・ガッツのある人。
    ・柔軟な思考・発想で物事に取り組める人。
    ・積極的にコミュニケーションを図る努力をする人。
    を求めています。

どんな会社?(アンケート)

社内の雰囲気 規約重視 4 自由
企業方針 挑戦的 1 堅実
働き方 チームワーク 2 個人ワーク
人材像 専門性 3 多様性

企業情報

社名 本田金属技術株式会社
社名(フリガナ) ホンダキンゾクギジュツ
設立年 昭和38年12月
資本金 12億6000万円
代表者氏名 高橋芳一(タカハシヨシイチ)
所在地 〒350-1101 埼玉県川越市的場1620
支店・営業所等 川越工場、喜多方工場、栃木センター
グループ会社 CAPT(北米)、ZHF(中国)、ZHFM(中国)、HFF(中国)、HFA(タイ)
業種 製造業
正社員数 男性608名 女性23名 計631名
採用実績校 埼玉大学、東洋大学、日本大学、東京電機大学、川越工業高校、狭山工業高校、日高高校、飯能南高校
主な事業内容 ・各種ピストンの鋳造、機械加工。
・エンジン及び足回り部品の鋳造、機械加工。
・各種アルミ部品の鋳造、機械加工。
・工作機械及び金型治具製作。
電話 049-231-1521
FAX 049-233-1139
mailsaiyou☆hondakinzoku.co.jp
(※上記の「☆」記号を半角「@」記号に置き換えてご利用ください)
企業サイトURL http://www.hondakinzoku.co.jp
※本データは公開時点のものです